08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

「早明浦ダム バスフィッシングガイド 」

「早明浦ダム速報!!釣果、イベント情報」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

[優勝パターン] 

急増水したので前プラでは魚のポジションを見て周りました。そこで重要視していたのが、減水時に溜まっていたバスが何処に要るのか?でした。実際は増水しても動かない(増水でも対応出来る場所)と思っていたので、その時点で明日はここだと確信した。しかし、前週とは同じ釣りかたでは全く反応しなくなっていて、正直迷っていましたが、プラ終了直前に「カーリーゴビ―3.5DS」を投入した所、高反応でした。

大会当日はあいにくの雨。でもメインパターンをやる最高の条件でした。
砂利や赤土で形成されているゆるやかな岬、これにボートの波でシャローが濁りが入りおまけに雨、この2つが重なればキッカーサイズが差して来るのが前週わかりました。この魚が補食していたのは、大きいサイズのテナガエビでした。なのでルアーは濁りでもシルエットがハッキリするラバージグを選択しました。

キッカーパターンはモグラジクにダッドカット4,ダブルモーションで決まりました。

フライト開始、昨日見つけていた魚を釣りに行きやはり読み通りバスの位置は変わっていました。それを確認し即移動、リミットを取りに赤橋手前の左側の水中岬を、反応が良かったカーリーゴビ―DSで釣って行きました。なんとこれが大当たりし、一時間で2500gまで揃いました。後はメインパターンにチェンジし、タイミングで釣って行きます。
ここで痛恨のミスが2発続きました。それはちゃんとフッキング出来ずにボート手前でバレる事です。(あの時は何故、分かっていたのに伸びの少ない20lbを巻いて来なかったのか、反省しました)とっさに思い付いたのがラバージグのガードを2段階にし、ガードを弱めました。

(扇状に広げます)

(横から見ればこんな感じです)
2回のチャンスを取れず来ても後一回、何が何でも取らないといけませんでした。
入り直し、同じスポットで待望の当たり、一気に巻き取り抜きあげました。やはりデカイ、この釣り方だと1200g以上は確実でした。この後、1匹でも入れ替えれば「優勝」の2文字が見えてくる。でもバイトは無かった…

ウエイン開始。僕のウエイトは3232gでしたが、それを超える読み上げが無く、優勝した事が確定しました。
この一勝が初優勝になりました。正直、さめうらダムで活動しているので、ここで取れた優勝は別格に嬉しかったです。


僕をサポートして下さっているZPI様。トーナメント思考のカスタムパーツが勝利へ導いてくれました。ありがとうございました。
スポンサーサイト

Category: 《早明浦ダム》

tb -- : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。